サントリーロコモアの軟骨成分

サントリーロコモアは、軟骨成分の濃密配合がキモとなります。グルコサミンだけでも、1日あたり1200mg摂取できる計算です。
サントリーロコモアはコラーゲンも配合し、グルコサミンとWの軟骨成分で、関節痛の緩和効果が期待されます。コラーゲンについては、軟骨中に多い2型コラーゲンを配合したのがミソです。1日あたりサメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン、2型コラーゲン含有)として300mg配合しています。
サントリーロコモアは、プロテオグリカンという現在売り出し中の軟骨成分も配合しています。1日あたりの配合量は1000μgと微量ですが、軟骨再生を強力にプッシュする大注目の軟骨成分なのです。

 

プロテオグリカンについて

 

サントリーロコモアに配合されたプロテオグリカンは、画期的な軟骨成分と大評判になっています。糖とタンパク質が結合した「複合糖質」に分類され、軟骨中ではアグリカンとして存在します。
プロテオグリカンについて、ロコモアへの配合は1日あたり1000μgですが、驚異的な保水力・弾性力が明らかになっています。さらに、EGF様作用、シワ改善、お肌の弾力アップなど、化粧品業界からも熱い視線を集めている成分です。
プロテオグリカンは、青森などの郷土料理・氷頭なますがヒントになり、サケ鼻軟骨から大量抽出する方法が開発された経緯があります。以前は捨てられていたサケ頭部は、プロテオグリカンの原材料として大変身を遂げたのです。

 

コンドロイチンについて

 

サントリーロコモアに配合されたコンドロイチンも、代表的な軟骨成分にあげられます。コンドロイチンは、軟骨にあってはクッションのように働き、関節への衝撃緩和に重要な役割を果たします。
コンドロイチンは、成長中はヒト体内でも生成されるので、ほぼ自給できています。ところが、加齢で生成量が減少し、クッション機能が衰えていくので、対外からの補給が絶対に必要なのです。
コンドロイチンは、牛・豚・鶏の軟骨、フカヒレ、ウナギ、ドジョウなど、動物性食品に多く存在します。ただ、軟骨再生を考えると、食事からの摂取量だけではとても足りないので、ロコモアで補給するのは1つの対策方法となりえます。

 

2型コラーゲンについて

 

コラーゲンにはいろいろ種類があり、ヒトには主に1型と2型が存在します。2型コラーゲンは軟骨に多く含まれる成分で、サントリーロコモアに配合されたのは2型コラーゲンのほうです。
2型コラーゲンは、軟骨中ではクッションのように働き、関節への衝撃を和らげてくれます。加齢で関節痛が多くなっていくのは、2型コラーゲンの質と量が、加齢にともない減少していくことが原因の1つと考えられます。
ちなみに、ロコモアに配合された2型コラーゲンは、そのまま軟骨へ届くわけでなく、体内でいったん分解され、再合成されます。このサプリは1日あたり6錠が目安で、軟骨再生に十分な濃度で摂取できるよう調製されています。

 

グルコサミンについて

 

サントリーロコモアに配合されたグルコサミンとは、軟骨成分の1つとして超有名です。構造的に、グルコースとアミノ基が結合したアミノ糖で、グルコサミンの名の由来ともなっています。
グルコサミンは、コンドロイチンなどとともに軟骨を形成するために、絶対に必要な栄養素の1つです。ヒト体内でも合成されますが、加齢で量的にジリ貧になっていきます。ロコモアなどのサプリで補給して、軟骨対策を成功裏に導きたいものです。
ロコモアに配合されたグルコサミンは、エビ・カニなど甲殻類の殻を原材料に使っているので、甲殻類アレルギーがある場合は注意が必要です。胃の不快感、食欲減退などの副作用が出た場合、医師に相談するのが賢明です。

 

筋肉成分イミダゾールペプチドについて

 

サントリーロコモアに配合されたイミダゾールペプチド(1日あたり10mg)は、極上の筋肉成分として大評判になっています。カツオやマグロの力の源で、死ぬまで毎日300km以上の力泳を可能にする筋肉成分なのです。
筋肉成分イミダゾールペプチドについて、疲労回復作用は折り紙付き、尿酸値を下げる働きも要注目です。運動パフォーマンスを高めるのに効果的とあって、この筋肉成分はアスリートの間で人気急上昇中なのです。
筋肉成分イミダゾールペプチドは、鶏むね肉、マグロなど動物性食品に多く含まれます。加齢で肉類をあまり食べなくなった人や菜食主義者は不利になりますが、ロコモアで補給することができます。

 

ロコモアに配合されたビタミンD

 

サントリーロコモアに配合されたビタミンDには、骨を丈夫にするなどの働きが知られています。加齢で弱まっていく、ひざ関節サポートなどの働きに期待が集まります。
ビタミンDには、カルシウムの吸収度を高めることで、骨や歯を丈夫にする働きがあります。一方、血中カルシウム濃度の低下で、骨からカルシウムが血中に供給されます。つまりビタミンDは、血中カルシウム濃度を調製する成分なのです。
ビタミンDが不足すれば、骨粗しょう症などの原因になります。逆に、過剰に摂取すれば、吐き気や陣機能低下など副作用が起こりえます。ロコモアに配合されたビタミンDは、1日あたり5.0μgで、妥当な配合量と目されます。

 

ロコモアに配合されたケルセチンプラスとは

 

サントリーロコモアに配合されたケルセチンプラスとは、ケルセチン配糖体の言い替えで、高い抗酸化力が特徴的です。ケルセチンプラスは1日あたり90mg摂取でき、強力な抗酸化力に、関節痛の緩和効果が期待されています。
ロコモアに配合されたグルコサミンと2型コラーゲン、さらにケルセチンプラスを加えたことで、さらなる関節痛の緩和効果が期待されます。これら3成分の配合で、サントリーは特許を取得しています。
ケルセチンプラスは植物由来のポリフェノールで、安全性についても折り紙付きです。活性酸素の除去、動脈硬化や高血圧など生活習慣病の予防・改善効果も期待され、注目を集めています。

特設キャンペーンページへの窓口はこちら→ロコモア購入窓口
※別サイトが別ウインドで開きます。

ロコモアの配合成分記事一覧

気休めでない元気の素として、イミダゾールペプチドに注目が集まっています。疲労回復や痛風予防に効果ありとして評判が高まり、アンチエイジングや生活習慣病の予防にと、サプリの配合成分としても、口コミで人気になっています。そればかりか医学博士の梶本修身博士は、自著「すべての疲労は能が原因」の中で、イミダペプチドの疲労に対しての働きについて言及しており、今や知見としては一般的にならんとしています。

コンドロイチンは、関節軟骨や結合組織に多い成分です。臨床試験では、関節炎などへの改善効果が認められています。サプリでは、グルコサミンなどの成分と併用されることが多いので、なじみのある人は多いでしょう。コンドロイチンには、組織の保水性や弾力性を維持する働きがあります。組織に潤いを与え、新陳代謝や栄養吸収力を高める働きがあります。また、カルシウムの代謝にも大きく関係する成分でもあり、骨粗しょう症の予防...

サントリー「ロコモア」は、ロコモ対策のサプリで、グルコサミンなどの含有量も満足のゆくレベルにあると、口コミで好評を博しています。加えて新成分も入り、軟骨・筋肉成分がもれなく摂取できる配合も、評判を呼んでいるポイントです。注目が集まるプロテオグリカン体の節々が健やかであり続けるために、軟骨の健康維持は大きなポイントです。ロコモアには、グルコサミンやコンドロイチンなど、基本的な軟骨成分が配合されていま...

サプリは日々進化し続けています。グルコサミンを超える成分が求められ、サントリーのロコモアもそれに応えるためにある成分を配合しています。

2型コラーゲンとは、コラーゲンの中でもとくに、軟骨に存在するものを意識した呼び方です。主として、関節軟骨や目の硝子体に存在し、それぞれの場で細胞や組織の健康維持に働きます。2型コラーゲンがあるということは当然、1型もあり、こちらは皮膚にある成分で、同じコラーゲンでも少々毛色が異なります。お肌のハリ・弾力の維持に必要で、美肌成分に分類されます。軟骨成分として、グルコサミンやコンドロイチンも重要であり...

健やかな歩みのために、という場合、グルコサミンやコンドロイチンなどの定番の軟骨成分に関心が向いてしまいがちですが、スムースな関節の動きには、筋肉も重要な役割を担っています。そこで、イミダゾールペプチドが脚光を浴びるわけで、口コミでの評判もなかなか好調な様がうかがえます。