コンドロイチンの効果

コンドロイチンは、関節軟骨や結合組織に多い成分です。臨床試験では、関節炎などへの改善効果が認められています。サプリでは、グルコサミンなどの成分と併用されることが多いので、なじみのある人は多いでしょう。
コンドロイチンには、組織の保水性や弾力性を維持する働きがあります。
組織に潤いを与え、新陳代謝や栄養吸収力を高める働きがあります。また、カルシウムの代謝にも大きく関係する成分でもあり、骨粗しょう症の予防効果にも注目が集まっています。

コンドロイチンはこんな場所でも働いている

さらに、コンドロイチンは目にも重要な成分であり、目の角膜や水晶体の透明性・弾力を保つ働きもあります。
お肌の潤いを保つ働きもあり、大ざっぱにいえば、みずみずしさの保持効果が高いということです。
細胞のみずみずしさ保持に欠かせない成分なのですが、加齢とともに生産量は、例外なく減少していきます。
老人性のシワや乾燥の主な原因は、細胞レベルでの潤い分の減少にあるといってよいくらいです。

コンドロイチンを含む食べ物

コンドロイチンは一般的な食べ物にも入っている成分でもあり、食事で体の乾燥化にストップをかけるのは、効果的な対策方法です。主な食品には、海藻、なめこ、オクラなどがあります。これらに共通しているのは、ヌルッとした食感で、専門知識がない人でも、ヌメり感を目安に探せば大方ヒットするでしょう。
ただ、こうした食品が嫌いとか、規則的な食事ができないなどの事情がある人は、サプリで補うのも、効果の高い方法です。関節炎や変形性関節症の予防・改善を主な目的とする場合、コンドロイチン単独というよりは、グルコサミンと併用するのがベターで、現実に市販サプリの多くが複数成分の併用型となっています。

特設キャンペーンページへの窓口はこちら→ロコモア購入窓口
※別サイトが別ウインドで開きます。