グルコサミンを超える成分

サプリは日々進化し続けています。グルコサミンを超える成分が求められ、サントリーのロコモアもそれに応えるためにある成分を配合しています。

保水力の高さはヒアルロン酸以上

グルコサミンを超える成分として、このところ評判が高まっているものに、プロテオグリカンがあります。高い保湿力が評判の、1グラムあたり6リットルもの水を抱え込むことができるヒアルロン酸を超えると評判は高く、軟骨成分・保湿成分として、最重要の部類に入っています。
プロテオグリカンは、高い保湿力がメリットで、保水力はじつにヒアルロン酸の約1.3倍に達するほどです。保水力の高さはヒアルロン酸以上のものがあり、グルコサミンを超える成分として注目が集まっているのです。
プロテオグリカンには、BGF(上皮細胞増殖因子)様の働きもあります。お肌のターンオーバーを促し、抗酸化作用も高く、美肌成分としても重要視されるに至っています。
これほどのプロテオグリカンも、かつてはグラム3000万円という超高額成分だったのですが、鮭の鼻軟骨を原料に酢酸などで抽出する方法が開発されて以降、価格が一気にダウンした経緯があります。鮭由来の成分は安全性も高く、グルコサミンを超える成分としてのデビューが相なったわけです。

軟骨のケアは筋肉成分も

厳密には、筋肉成分であるので、グルコサミンを超える成分と呼称するのは少々おこがましいものがありますが、イミダゾールペプチド(イミダゾールジペプチド)も重要な成分にあげられます。
ひざや腰などの関節が健やかであるには、軟骨のケアが重要ポイントとなるのはもちろんですが、関節周りの筋肉も大きく関係していることが明らかになっています。軟骨のケアは筋肉成分も重要だということで、グルコサミンを超える成分として、イミダゾールペプチドに白羽の矢が立てられているのです。
イミダゾールペプチドは、おもに動物の骨格筋にある成分です。とくに、渡り鳥やカツオやマグロなどの回遊魚で多くみられる成分で、抗疲労作用や尿酸値の改善などの働きが知られています。渡り鳥やカツオなどの回遊魚が、人間からするととてつもない長距離を楽々と移動できるのは、イミダゾールペプチド効果によるものなのです。
ほかにも、痛風予防にも効果的であることが評判になっています。グルコサミンを超える成分としては少々脱線しますが、関節の健康も含めたマルチな効能が期待できる成分なのです。

基本はバランスの取れた食事

グルコサミンを超える成分といっても結局のところ、比較的身近な食品にあるものが大半のようです。やはり基本はバランスの取れた食事にあるといえますが、それで不足感を覚えるようなら、グルコサミンを超える成分に改めてお試ししてみる価値はあるでしょう。

特設キャンペーンページへの窓口はこちら→ロコモア購入窓口
※別サイトが別ウインドで開きます。