従来のグルコサミンサプリに不満だった人も満足の成分

サントリー「ロコモア」は、ロコモ対策のサプリで、グルコサミンなどの含有量も満足のゆくレベルにあると、口コミで好評を博しています。加えて新成分も入り、軟骨・筋肉成分がもれなく摂取できる配合も、評判を呼んでいるポイントです。

 

注目が集まるプロテオグリカン

 

体の節々が健やかであり続けるために、軟骨の健康維持は大きなポイントです。ロコモアには、グルコサミンやコンドロイチンなど、基本的な軟骨成分が配合されています。1日あたりの目安含有量は、グルコサミンが1200mg、コンドロイチン・II型コラーゲンを含むサメ軟骨抽出粉末が300mgで、軟骨の機能維持に十分期待の持てる高レベルの含有量です。
ここまでは、同じサントリーの「グルコサミン&コンドロイチン+セサミンEX」とたいして変わりないようにみえてくるでしょうが、ロコモアには独自に、プロテオグリカンといういま評判の軟骨成分が配合されている点で違いがあります。
プロテオグリカンは、最近になって鮭の鼻軟骨を原料に、安価・安全に抽出することが可能になった経緯があります。保水力や抗酸化力の高さで、グルコサミンを超えるとさえ評判になっているくらいです。とくに保水力は、ヒアルロン酸の約1.3倍の高レベルで、軟骨の健康を効果的にサポートしてくれます。
ロコモア1日あたり、プロテオグリカン目安含有量は1000μgです。グルコサミンやコンドロイチンと比較すると控えめにみえますが、少ない含有量でも立派に機能してくれます。そもそも、プロテオグリカンはかつてグラムあたり3000千万円もしていたのであり、当時からすれば信じられないほどの高い含有量とさえいえるのです。

 

筋肉成分の配合でお得感大

 

健やかな歩みのためのサプリとして、ロコモアは同じサントリーの「グルコサミン&コンドロイチン+セサミンEX」と比較されることが多いようです。グルコサミンやコンドロイチンが効果的に摂取できる点は共通ですが、1つ大きな違いをあげると、ロコモアには、筋肉成分も配合されていることがあげられます。
筋肉のケア用に入っているのは、イミダゾールペプチドです。渡り鳥やマグロ・カツオなどの回遊魚の骨格筋に多く入っている成分で、疲れ知らずで長距離を移動するのをサポートしてくれます。
関節のケアというと、軟骨をすり減らさないようにするのが肝心、という意見が大半なので見落とされがちですが、ロコモは筋肉の減少も、大きな原因にあげられます。ロコモアでは、1日あたり目安として10mgの含有量があり、筋力維持に働いてくれます。

 

サブの成分もサントリー独自

 

ロコモアは、新成分の配合が目を引きますが、サブの成分もサントリー独自で特徴的です。ケルセチン配糖体は1日あたり90mgの含有量で健やかな歩みに、ビタミンDは1日あたり5mgの含有量でカルシウムの体内吸収をあげてくれる成分で、とくに女性にオススメの配合なのです。

内容も配合も優れたロコモアの成分

ロコモ対策に限定すると、ロコモアは内容の濃いサプリとして評判になっています。サントリーの独自成分あり、ケルセチンプラスがらみの特許配合もありで、高齢化社会の進行と比例して、ロコモ人口がシニアを中心に増え続けている昨今、関節の健康度を高める高品質サプリの存在感が光ります。

 

効果的なロコモ対策に

 

ロコモアは、効果的なロコモ対策に役に立つという評判で、軟骨成分も筋肉成分も配合されているのが特徴的です。筋肉ケアにも配慮されていることは、よくあるグルコサミンサプリとの大きな違いです。
ロコモアの軟骨成分をリストアップすると、グルコサミン、コンドロイチン、II型コラーゲンで、軟骨の健康維持に必要なものばかりです。ヒアルロン酸を超える保水力が評判のプロテオグリカン配合も、見逃せないポイントです。プロテオグリカンがにわかに脚光を浴びたのは、低コストでの抽出が実用化されたからにほかなりません。
ロコモアの筋肉成分として、マグロ・カツオ由来のイミダゾールペプチドが配合されています。加齢による筋力低下を抑えることも、ロコモ予防には効果的なのです。
ロコモアのビタミンDには、骨を丈夫にするカルシウムの吸収率を上げる働きがあります。カルシウム不足は骨粗しょう症の原因になります。骨粗しょう症もロコモの一種なので、カルシウム不足を解消することも、ロコモ対策につながるのです。

 

サントリーの特許が2つ

 

ロコモアには、ケルセチンプラス(ケルセチン配糖体)という成分も配合されています。サントリーが、ロコモアのために50種ものケルセチン配糖体から探し当てた経緯があり、サントリーの独自配合です。
ケルセチンプラスには、グルコサミンとコンドロイチンの摂取効果を高める働きがあります。これら3種の成分の組み合わせは、サントリーが特許取得済みです。
筋肉成分イミダゾールペプチド、ビタミンD、酵素処理ルチン(ケルセチン配糖体の一種)の組み合わせでも、サントリーが特許取得済みです。ロコモアは都合、サントリーの特許が2つ詰まった格好になり、ロコモ対策効果アップの柱となっています。
配合成分がバラエティに富んでいるからか、ロコモアの粒はやや大ぶりのサイズです。サプリは1日6粒の摂取が目安といいますが、のどのつまり予防に、たっぷりの水で飲む、1日2?3回に分けて飲むなどの対策が効果的でしょう。

 

副作用はないのか?

 

医薬品からの連想からか、ロコモアには副作用はないのか? 心配する向きが少なからずあるようです。サプリに配合の成分をみると一般の食品由来が大半なので、食物アレルギーがある人は別として、副作用は心配無用でしょうが、それも適量摂取での範囲内の話なのです。いかんせん粒サイズが大きめなので、1度に20粒も30粒も飲むのは普通の人間には無理なことであり、事実上、安心できるサプリといえます。

特設キャンペーンページへの窓口はこちら→ロコモア購入窓口
※別サイトが別ウインドで開きます。