筋肉成分の配合も高評価

 

サントリーウエルネスのラインナップでは、「ロコモア」はロコモ対策サプリの立ち位置です。グルコサミンやコンドロイチンの軟骨成分はもちろん、イミダゾールペプチドという筋肉成分の配合も高評価のポイントとなっています。充実の配合は、ロコモ対策効果の高さを予感させます。

 

ロコモ予防に相乗効果が

 

「ロコモア」は、似たような効能が期待されるサントリー「グルコサミン&コンドロイチン+セサミンEX」とカブると思う人は多いようですが、前者はロコモ対策に特化したサプリです。グルコサミンなど軟骨成分プラス筋肉成分の配合で、ロコモ予防に相乗効果が期待できるのがミソなのです。
ロコモアには、グルコサミン、コンドロイチン、II型コラーゲンと、メジャーな軟骨成分がもれなく配合されています。加えて、軟骨サポート力が高いと評判のプロテオグリカン配合も、ロコモ対策効果を上げるうえで重要な意味をもっています。
ロコモアには、筋肉成分としてイミダゾールペプチドも配合されています。抗疲労・抗酸化効果で評判の高い成分です。ロコモ対策としては、立ったり歩いたりなど動きのサポート効果を高める点で意義があります。
ロコモアのケルセチンプラス(ケルセチン配糖体)は、グルコサミンやコンドロイチンの働きを高めるための配合です。グルコサミン・コンドロイチン・ケルセチンプラスの組み合わせで、サントリーは特許を取得しているのは要注目ポイントです。

 

継続摂取が基本ポイント

 

サントリー「ロコモア」で、しっかり効果を上げるには大方の予想通り、継続摂取が基本ポイントとなります。三日坊主にならないよう、飲む時間を決める、サプリの置き場所を決めるなどの対策が効果的です。
ロコモアをどのくらい使えばよいかの答えは、口コミをまとめると約6か月が目安となりそうです。はじめの2?3か月はとくに変化がみられなくとも、効果が実感できる程度まで続けられるかが成功のカギを握ります。
ロコモアを摂取しているからといって、食事を疎かにしていいわけではありません。ロコモ予防に、バランスのよい食事が不可欠で、肉も魚も好き嫌いなく摂取するのが鉄則です。
ロコモアを使って効果を高めるには、運動もボチボチ行うのもおすすめです。日本整形外科学会のガイドラインでは、壁やテーブルにつかまっての片脚立ち、スクワットを提唱しています。運動が楽しくなったら、ウォーキングやゲートボールにも、だんだんと範囲を広げるとよいでしょう。

 

ましてや痛みがある場合

 

変形性関節症や骨粗しょう症など、ロコモは進行すると、食事療法やサプリでは間に合わなくなることがままあります。ロコモアを使ったとしても効果が実感されず、ましてや痛みがある場合、何かの病気の可能性があるので、手遅れにならないうちに、病院(たいがいは外科)を受診して、必要な治療を受けるのが肝心です。

特設キャンペーンページへの窓口はこちら→ロコモア購入窓口
※別サイトが別ウインドで開きます。