寝たきり・介護リスクが上昇

ロコモティブシンドロームとは、かんたんにいうと運動器が障害を起こしたことが原因で、寝たきり・介護リスクが上昇した状態(なった人も含む)を指します。骨・関節・軟骨・筋肉・神経といった運動器はたがいに連動しているので、どれか1つでも悪くなると全体に悪影響が及び、立ったり歩いたりの基本的な動作がうまくいかなくなってしまうのです。

予備軍も含めると推計4700万人

日本は、世界的にも急速に高齢化社会に向かっているのが現状で、ロコモティブシンドロームとは社会全体で対策を立てる必要がある病気だといえます。患者数は、予備軍も含めると推計4700万人もいるとされ、メタボのそれが約2000万人であることを考えても、明らかに高い数値です。しかも、加齢でリスクが高まるので、高齢者ほど切実な問題なのです。
ロコモティブシンドロームとは、骨や関節の病気が大きな原因にあげられている病気です。変形性膝関節症が代表的ですが、骨粗しょう症もとくに女性に多く、介護リスクを高める一因となっています。
ロコモティブシンドロームとは、骨や関節の異常が主な症状ですが、体の節々が痛いからと言って、体を動かさなくなると、体重が増えたり、筋力・バランス感覚が低下したりなどの悪影響が生じてしまいます。すると、痛みがさらに強まり、さらに動かくなって……と、負のスパイラルにはまること必至です。その行きつく先は、要介護状態です。
ロコモティブシンドロームとは、じつは子どもにも関係大の問題でもあります。子どもでも最近、運動しない、体が硬いなどのケースが増加傾向にあり、将来的に運動器の病気につながりかねないのです。

自己チェックでかなり正確な判定

正確には医師の診断に仰ぐことになりますが、ロコモティブシンドロームとは、自己チェックでかなり正確な判定が下せる病気でもあります。日常生活のさまざまなシーンで、初期症状を見つけることは可能な線です。
ロコモティブシンドロームとはたとえば、片脚立ちで靴下がはけない、階段の上り下りに手すりに頼る、などのチェック項目で自己診断ができます。こうした症状は、筋力やバランス能力の低下が原因に考えられるので、自分でもあやしいと思ったら、とくに関節部に痛みがある人は、整形外科を受診することがオススメです。
ロコモティブシンドロームとは、持久力や歩行速度の低下も症状にあげられる病気です。15分以上歩けないとか、横断歩道を青信号で渡りきれない、などに心当たりがあれば、かなりリスクは高いといえます。

対策の基本は運動と食事

恐ろしい面もありますが、ロコモティブシンドロームとは、自己ケアで手軽に対策が立てられる一面もある点で救いがあります。運動はストレッチなどの軽い運動で十分で、食事のほうも骨と筋肉に栄養が行き渡るよう、バランスの取れた食事で、70代、80代でも症状の改善は可能なのです。

特設キャンペーンページへの窓口はこちら→ロコモア購入窓口
※別サイトが別ウインドで開きます。